トップページ > スタッフブログ > 「ZST.44」 2015年2月22日(日)東京・ディファ有明

「ZST.44」 2015年2月22日(日)東京・ディファ有明

2015年2月23日 更新

FullSizeRender

FullSizeRender2

FullSizeRender1

IMG_1078

▼第11試合 フェザー級ワンマッチ RINGSルール 5分3R ○内村洋次郎(イングラム/初代ZSTウェルター級王者) TKO 1R2分09秒 ※レフェリーストップ ●ヒロキ(SHINWA MMA ACADEMY)  約3年3カ月ぶりのZST参戦となった初代ウェルター級王者・内村。対戦相手は山田哲也、川名雄生に続くSHINWAの新鋭選手として注目を集めているヒロキだ。  サウスポー同士の両者、ヒロキが左ストレートで前に出ていく。被弾する内村だったが、右フックを打ち返して一歩も退かない。  激しい打ち合いが続く中、徐々に内村が盛り返し、左ストレートと右フックでヒロキがダウン。内村が追撃のパンチを落としたところでレフェリーが試合を止めた。  スリリングな打撃戦を制した内村は、「ヒロキ選手のパンチ、めっちゃ効きました。でも俺もこれから強いやつに勝っていかないといけないので。それプラスZSTも盛り上がっていけたらいいなと思います」とコメントした。 ————————————————

 

——————————– ▲山田がバックなど有利なポジションをキープし続けて判定勝ち ▼第10試合 ライト級ワンマッチ RINGSルール 5分3R ○山田哲也(SHINWA MMA ACADEMY) 判定3‐0 ※30-28、30-28、30-29 ●上田厚志(骨法烏合会矢野卓見道場)  1Rは上田のアームロックと腕十字に苦しめられた山田だったが、2Rに入るとバックポジションをキープしてパンチを入れる。3Rも山田がバックと上のポジションをキープし続けて判定勝利した

 

▽ZST CHALLENGE 137

▼第14試合 フライ級 5分2R

○増田 僑(SHINWA MMA ACADEMY) KO 1R1分22秒 ※パンチ連打 ●大藤一星(蒼天塾)

▼第11試合 フェザー級 3分2R

○花輪裕樹(RBアカデミー) 反則 1R35秒 ※グラウンド状態でのキック攻撃 ●石橋源一郎(SHINWA MMA ACADEMY)